ホーム / 専攻の紹介 / 研究室・教員 / 構造ダイナミクス

構造ダイナミクス

社会基盤施設の地震動による動的応答を研究対象に,実験的/解析的に評価しています.地震動からその制御法,さらに耐震設計法への実装まで,幅広く構造物のダイナミクスに関する研究を行っています.

教員

髙橋 良和 ( Yoshikazu TAKAHASHI )

髙橋 良和教授(工学研究科)

研究テーマ

コンクリート構造を含む土木構造物の合理的な地震時安全性向上・設計法を確立に向けた研究を行っています.新しい概念に基づく新構造の開発や,免制震構造の応答特性の把握・モデル化に関する研究を進めるとともに,構造システムに対する実験手法として,ハイブリッドシミュレーションの方法論の確立を目指しています.

連絡先

桂キャンパス C1棟 1階 140号室
TEL: 075-383-3247
FAX: 075-383-3243
E-mail: takahashi.yoshikazu.4vimage_atmark.gifkyoto-u.ac.jp

安 琳 ( Lin AN )

安 琳准教授(工学研究科)

研究テーマ

コンクリート構造物に対する環境作用、材料劣化及び部材力学性能を評価と予測する方法について研究を行っています。特に、飛来塩分に起因した塩害の劣化機構を明らかにしたうえで構造物の各種要求性能の経時変化におけるシミュレーションモデルを構築することを行っています。

連絡先

桂キャンパス C1棟 1階 141号室
TEL: 075-383-3245
FAX: 075-383-3243
E-mail: an.lin.4w@kyoto-u.ac.jp

研究テーマ・開発紹介

地震動に起因する構造ダイナミクス

構造物の耐震性をテーマに,高耐震性能構造の開発や免制震構造の応答特性の把握・モデル化に関する研究を進めるとともに,情報学における方法論を用いた構造物の解析・実験法に関する分析をおこない,構造物のハイブリッドシミュレーションの方法論の確立を目指しています.

研究室ウェブサイト

http://dynamics.kuciv.kyoto-u.ac.jp