ホーム / 専攻の紹介 / 研究室・教員 / 災害リスクマネジメント工学

災害リスクマネジメント工学 (JR西日本)

巨大化、広域化、長期化する近年の自然災害に対しては、鉄道や道路などのような広域にわたるインフラ設備を維持・管理する事業者にとって、既存のインフラ設備に対する総合的な防災管理技術の確立が重要な課題となると同時に、一層の安全性の向上に向けて、異常気象時の交通規制等のソフト対策を含む減災や早期復旧・復興などに有効な多面的な防災対策も必要となります。本講座においては、広域インフラ設備の管理者のみならず市民生活にも貢献することを目的として、総合的な災害リスクマネジメントに関する研究を進めます。

教員

杉山 友康 ( Tomoyasu SUGIYAMA )

杉山 友康特定教授(工学研究科)

研究テーマ

鉄道や道路などの線状インフラ施設に対する防災・減災技術の向上、さらには自然災害リスクに対する安全性評価手法に関する研究を行っています。

連絡先

桂キャンパス船井交流センター302号室
TEL: 075-383-3409
FAX: 075-383-3410
E-mail: sugiyama.tomoyasu.4nimage_atmark.gifkyoto-u.ac.jp

伊豫部 勉 ( Tsutomu IYOBE )

伊豫部 勉特定准教授(工学研究科)

研究テーマ

高密度観測データを用いた雪氷圏監視手法の開発と変動特性に関する研究を行なっています.また,鉄道や道路等の社会基盤に影響を及ぼす雪氷災害,おもに融雪・雪崩・着雪による災害調査と危険度評価に関する研究に取り組んでいます.

連絡先

桂キャンパス船井交流センター302号室
TEL: 075-383-7528
FAX: 075-383-3410
E-mail: iyobe.tsutomu.3zimage_atmark.gifkyoto-u.ac.jp

研究テーマ・開発紹介

インフラ施設の耐災性向上に関する研究

近年巨大化しつつある地震や豪雨などの自然外力に対して,鉄道や道路などの構造物はこれまで以上の耐力を持たせることが必要となります.しかし,大きな自然外力に対する構造物の強度を無限に強化することは現実ではありません.そこで,本研究室では,豪雨や地震など外力の発生確率に応じた鉄道や道路構造物の耐災性向上対策に関する研究を行っています.

極端気象時の合理的な交通規制方法に関する研究

鉄道などの公共輸送機関を利用する場合,安全で安心な移動手段を期待することはいうまでもありません.とくに,地震,大雨,豪雪の際に発生する自然災害に対して,危険な時には運行を停止し,危険ではないときには可能な限り運行することが安全で安心した輸送機関としての理想といえます.本研究室では,短時間集中豪雨などの異常気象時における最適運行規制値設定基準などの規制方法に関する研究を行っています.

広域災害時の復旧順位支援手法

道路や鉄道などの交通インフラが規模の大きな地震、台風、豪雨などによって、広域にわたって被災した場合、生活社会全体の復興に寄与するためには、どの地域からの復旧が最適か意思決定することが求められます。そこで、広域災害時の最適復旧方法に関して、被災後のリスク評価に基づいて決定する研究と、そのための早期復旧方法に関する研究を進めます。

研究室ウェブサイト

http://www.ise.kuciv.kyoto-u.ac.jp/lab/