ホーム / 専攻の紹介 / 研究室・教員 / 構造ダイナミクス

構造ダイナミクス

社会基盤施設の地震動および風による動的応答を研究対象に,実験的/解析的に評価しています.地震動・流体関連振動からその制御法,さらに耐震・ 耐風設計法への実装まで,幅広く構造物のダイナミクスに関する研究を行っています.

教員

八木 知己 ( Tomomi YAGI )

八木 知己教授(工学研究科)

研究テーマ

構造物の耐風性というテーマで、特に橋梁断面やケーブル等の耐風安定性に関する風洞実験をおこない、橋梁の空力振動現象に関する研究および安定化対策の開発をおこなっています。さらに台風や竜巻による強風災害の被害調査をはじめとする、強風防災に関する研究もおこなっています。

連絡先

桂キャンパス C1棟 1階140号室
TEL: 075-383-3247
FAX: 075-383-3243
E-mail: yagi.tomomi.7a@kyoto-u.ac.jp

野口 恭平 ( Kyohei NOGUCHI )

野口 恭平助教(工学研究科)

研究テーマ

橋梁のより効率的かつ効果的な維持管理の実現を念頭に、その劣化因子である飛来塩分の橋梁部位別付着量について、風工学的視点から算出した空気の流れに基づき推定する手法に関して研究を行っています。また、橋梁の空力振動現象を調査・解明するための風洞実験にも取り組んでいます。

連絡先

桂キャンパスC1棟1階139号室
TEL: 075-383-3435
FAX: 075-383-3243
E-mail: noguchi.kyohei.7z@kyoto-u.ac.jp

研究テーマ・開発紹介

風に起因する構造ダイナミクス

構造物の耐風性というテーマで,特に橋梁断面やケーブル等の耐風安定性に関する風洞実験をおこない,橋梁の空力振動現象に関する研究および安定化対策の開発をおこなっています.さらに台風や竜巻による強風災害の被害調査をはじめとする,強風防災に関する研究もおこなっています.

地震動に起因する構造ダイナミクス

構造物の耐震性をテーマに,高耐震性能構造の開発や免制震構造の応答特性の把握・モデル化に関する研究を進めるとともに,情報学における方法論を用いた構造物の解析・実験法に関する分析をおこない,構造物のハイブリッドシミュレーションの方法論の確立を目指しています.

研究室ウェブサイト

http://dynamics.kuciv.kyoto-u.ac.jp