ホーム / 受験生の方 / 大学院入試 / H29夏季大学院入試

H29夏季大学院入試

夏季入学試験情報

H29.5.10 更新

社会基盤工学専攻と都市社会工学専攻は、「社会基盤・都市社会系」という一つの入試区分として一括募集を行います。

※万一、記載内容に齟齬があった場合は、工学研究科の学生募集・入試情報が正といたします。

入学試験説明会

入学試験に関する説明会を下記のとおり開催します。受験される方はできるだけ出席してください。

日時:平成29年5月18日(木)15:00~16:00
場所:京都大学大学院工学研究科社会基盤工学専攻・都市社会工学専攻
桂キャンパスC1棟 1F 191号室

参加者は該当する課程の学生募集要項を持参してください。

工学研究科 社会基盤・都市社会系(社会基盤工学専攻・都市社会工学専攻)修士課程

詳しくは「平成30年度修士課程学生募集要項」をご覧ください。

入学試験日程

平成29年8月7日(月)・8日(火)

※事前に提出するTOEFLの受験者成績書、TOEICまたはIELTSの公式認定証の成績により英語の学力を評価します。それぞれの試験実施日は限られており、結果を受け取るのにも時間がかかりますので、十分注意して準備してください。

修士課程学生募集要項の配布

工学研究科では、平成29年度に実施する入試よりインターネット出願システムを導入します。
これに伴い、冊子体での募集要項を廃止します。募集要項は工学研究科の学生募集・入試情報からダウンロードしてください。

出願資格の概要

  • 一般学力選考
  • 学科外別途選考
    「募集要項」に定められた出願資格を持つ者で、京都大学工学部地球工学科(土木工学科、交通土木工学科、衛生工学科ならびに資源工学科を含む)以外の学科・学部・他大学を卒業、あるいは卒業見込みの者。
  • 社会人別途選考
    「募集要項」に定められた出願資格を持つ者で、文部科学省の定める4年制大学を卒業後、社会人としての実務経験を2年以上有する、あるいは有する見込みの者。

入学後の教育プログラムの選択

修士課程入学後には3種類の教育プログラムが準備されています。入試区分「社会基盤・都市社会系」の入試に合格することにより履修できる教育プログラムは下記のとおりです。

  • 博士課程前後期連携教育プログラム(融合工学コース)
    • 応用力学分野
    • 人間安全保障工学分野
  • 博士課程前後期連携教育プログラム(高度工学コース)
    • 社会基盤工学専攻または都市社会工学専攻
  • 修士課程教育プログラム
    • 社会基盤工学専攻または都市社会工学専攻

参考情報

過去の問題またはその概要を一部公開しています。平成29年度の入学資格者選抜試験については以下に掲載します。また、過去3年分の問題(基本的に全文)は桂キャンパスCクラスター事務区教務掛にて身分証と引き替えに貸し出しなどしています。詳しくは工学研究科の学生募集・入試情報をご覧ください。

工学研究科 社会基盤・都市社会系(社会基盤工学専攻・都市社会工学専攻)博士後期課程

  1. 平成29年度10月入学の募集(社会人特別選抜を含む)では、選考試験を平成29年8月に行います。詳しくは「平成29年度10月期入学博士後期課程学生募集要項(社会人特別選抜を含む)」をご覧ください。
  2. 平成30年度4月入学の募集(社会人特別選抜を含む)では、選考試験を平成29年8月と平成30年2月に行います。詳しくは「平成30年度4月期入学博士後期課程学生募集要項(社会人特別選抜を含む)」をご覧ください。
  3. 学生募集要項の入手方法は、修士課程の場合と同じです。工学研究科の学生募集・入試情報をご覧ください。